赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

赤ちゃんの便秘には純度の高いオリゴ糖がおすすめ!

 

大人でもひどくなるとお腹が張って辛い便秘。
言葉が話せない赤ちゃんは泣いて知らせるしかなく、便秘のせいで吐き戻してしまったら新米ママはどうしたらいいのかオロオロしてしまいます。

 

先輩ママに聞くとオリゴ糖が良いらしいけれど、赤ちゃんに与えるオリゴ糖って何を選んだらいいの?

 

大人と違って赤ちゃんに与えるものは出来るだけ良いものを選びたいですよね。
うちの子の便秘がよくなった、添加物なし、高純度のオリゴ糖オリゴのおかげがおすすめです。

 

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

純度の高いオリゴ糖を探しているならコレ!

 

スーパーマーケットにもオリゴ糖は置いてあります。でも、成分表を見ると保存料が含まれていたり、やたらと糖分が多かったりで赤ちゃんには不向きであることも多いのです。

 

赤ちゃんの便秘の解消にオリゴ糖を選ぶなら、「オリゴのおかげ」の顆粒タイプがおすすめです。

 

オリゴのおかげはスーパーマーケットにも置いてありますが、そちらはシロップタイプ。

 

オリゴのおかげの顆粒とシロップは何が違うのかと言うと、オリゴ糖の純度に差があるのです。甘味料としての使用目的のために糖分が多く含まれていて、そのためにオリゴ糖の純度が下がってしまっているのです。赤ちゃんの便秘のためのオリゴ糖なら糖分をたくさん含む必要はありません。

 

更に、オリゴのおかげに含まれるオリゴ糖は「乳糖果糖オリゴ糖」。
オリゴ糖といえば「ラフィノースオリゴ糖」という表記を見かけるのではないでしょうか。このラフィノースオリゴ糖の1.5倍の整腸作用があるのが乳糖果糖オリゴ糖です。

 

オリゴ糖にはこの他イソマルトオリゴ糖など消化性のオリゴ糖もありますが、これらは腸に届く前に消化されてしまうので便秘に対する効果はガクンと落ちてしまうことになります。

 

このことから、赤ちゃんの便秘にはオリゴのおかげの顆粒タイプをおすすめします。

 

カルシウムの吸収促進は赤ちゃんのうちから

 

オリゴのおかげは便秘だけでなく、赤ちゃんの腸内環境を整えることでカルシウムの吸収促進効果も期待できます。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

赤ちゃんにも安全な商品なの? 

 

いくら便秘に効果があっても、心配なのはアレルギー反応などです。オリゴのおかげは特定保健用食品、トクホを取得している商品です。国からの承認を得ているとても優れた食品ですから安心感も違います。

 

オリゴ糖なら虫歯の心配もなし

 

乳歯は抜けてしまうものですが、永久歯が生えてくるまでまだまだ先の話。それまではしっかりごはんを噛むという仕事をして欲しいですし、親の不注意で大切な赤ちゃんに虫歯の痛みを与えてしまってはかわいそう。

 

よくカミカミできないと便秘の原因にもなってしまいます。
赤ちゃんの内臓の健康を保つには、歯の健康にも気をつけてあげましょう。

 

オリゴ糖なら、虫歯に心配な糖分は含まれていないので安心です。

 

アレルギーは大丈夫?

 

オリゴのおかげの成分にはアレルギーを起こす乳タンパクを含んでいませんので、アレルギーの心配もありません。とは言っても、稀に体質に合わない赤ちゃんもいますので気になる症状が出た場合はすぐに使用を中止して、小児科の医師の診断を受けてください。

 

副作用はない?

 

オリゴのおかげは天然由来の商品だから副作用の心配はありませんが、便秘だった赤ちゃんにオリゴ糖を与え始めるとお腹の中に善玉菌が増え腸の働きが活発になるために、ガスがたまってお腹が張るということがあります。

 

急にオリゴ糖をたくさん与えすぎてしまうと、このガスによるお腹の不快感が起こる可能性があります。
赤ちゃんに与える時は、少しずつ様子を見ながら量を増やしていきましょう。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

生後どのくらいから与えられるの?

 

オリゴのおかげは元々赤ちゃんのお腹の中にある善玉菌を増やす食品です。生後すぐから与えることができます。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

オリゴのおかげと他のオリゴ糖製品との比較

 

ネットから通販で購入できるオリゴ糖商品の中から無添加のものと市販のオリゴ糖の違いを表にしてみました。

 

商品名 オリゴのおかげ
(顆粒)
はぐくみオリゴ カイテキオリゴ 市販のオリゴ糖
成分 乳果オリゴ糖・ショ糖 ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ビートオリゴ糖 ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖 乳糖、ブドウ糖、ガラクトオリゴ糖
添加物 無し 無し 無し 保存料、甘味料など
容量 180g 150g 150g -
価格 1,358円 3,680円 2,838円 -
製品の特徴 溶けやすい顆粒状、スティックタイプで使いやすく湿気も安心 小麦粉のようなまとまり感のある粉状、小分けになっていないので湿気が心配 サラサラしたパウダータイプ、小分けになっていないので湿気が心配 -

 

 

この中で注目したいのは、市販のオリゴ糖商品は便秘のためとは言っても赤ちゃんに与えるのには保存料や甘味料などの添加物が気になります。(市販のオリゴ糖商品の添加物については、この次に詳しく表でご紹介します。)

 

オリゴのおかげの他にも無添加のオリゴ糖商品はありますが、どれもパックが大袋入。毎日たくさん食べる大人には便利かも知れませんが、一度の量が少ない赤ちゃんにとっては湿気が心配です。

 

赤ちゃんの便秘のために購入を考えているなら、スティックタイプの個別包装のオリゴのおかげがおすすめです。

 

オリゴ糖商品なら何でも良いわけじゃない!?

 

ここでは、市販のオリゴ糖商品に使われている添加物にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

 

・酸味料
味付けのために加えられる。クエン酸など無害な物もありますが、酸味料の中には体のなめに良くない化学成分を含むものもあります。赤ちゃんのためには無添加が理想的です。

 

・保存料(ソルビン酸K)
食品保存のための添加物です。長期保存できるのは嬉しいですが、やはり体のためには無添加のものを選びたいですね。

 

・人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物など)
味付けのために使用されるものですが、化学薬品を混ぜて作られたものですので避けたい添加物です。

 

・乳糖・ブドウ糖
適量摂取する分にはあまり心配はありませんが、やはり不要な成分です。

 

・酸化防止剤
こちらも、食品の酸化を防止するために入れられる添加物です。赤ちゃんへの影響が気になりますので無添加のものを選びましょう。

 

・香料
香り付けのための成分です。

 

オリゴのおかげ、顆粒タイプには、これらの添加物は使われていませんから、赤ちゃんが便秘の時にも心配することなく与えられますよ。

 

オリゴ糖とマルツエキスの違い

 

赤ちゃんが便秘の時のお薬にマルツエキスというものがあります。小児科で便秘の相談をするとマルツエキスを処方されることもあることから、質問サイトではマルツエキスをすすめる先輩ママさんも多いです。

 

オリゴ糖とマルツエキス。赤ちゃんの便秘にはどちらが良いのでしょうか?
その違いを見ていきましょう。

 

 

違い1 食品と薬の違い

 

マルツエキスはドイツの製薬会社が開発しそれを和光堂が輸入販売している医薬品です。第三類医薬品ですから、通販でも購入することが可能です。しかし、副作用が少ないものとはいえ、まったく副作用が無いわけではりありません。

 

マルツエキスの副作用として報告されているのは下痢と嘔吐です。体に合わない、または量を間違えて与え続けるとこのようなリスクがあることも覚えておきましょう。

 

一方オリゴ糖は食品です。オリゴ糖自体には副作用の心配はありません。無添加で高純度なオリゴ糖商品を選ぶことで副作用の心配はほぼ無いと思って良いでしょう。

 

違い2 糖分

 

マルツエキスの原材料はさつまいもに含まれる麦芽糖です。砂糖の1/3の糖分とはいえ、糖を与えていることになります。便秘で常用しつづけると赤ちゃんの肥満も気になりますね。

 

オリゴ糖も腸内の善玉菌の栄養となる糖分です。しかし、こちらも純度の高いものを選べば糖分の取りすぎの心配はありません。

 

違い3 便秘解消のメカニズム

 

マルツエキスが便秘を解消するメカニズムからご紹介しましょう。
マルツエキスは腸内で分解される時にガスを発生されます。そのガスにより腸の運動を良くして、排便を促し便秘を解消してくれます。しかし、お腹の中にガスが発生することは、張りからの不快感にもつながる心配があります。

 

オリゴ糖はビフィズス菌のえさとなり、善玉菌の増殖をメインとして便秘解消に効果を発揮します。オリゴ糖を与えた場合でもガスが発生することもあります。しかし、薬ではないのでその効き目はおだやかです。少量から様子を見ながら与えることで、ガスによる不快感は避けることができるでしょう。

 

赤ちゃんの便秘の解消には効果はあるが出来るだけ刺激や不快感を与えない商品をおすすめします。

 

便秘の程度で一刻もはやく出してあげたいと思う時はマルツエキスを利用して、その他の場合はオリゴ糖で予防も兼ねて腸内環境を整えつつ便秘改善など、赤ちゃんによって使い分けることが賢い使い方ではないでしょうか。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

オリゴのおかげのコスパは

 

オリゴ糖商品の一覧でも、オリゴのおかげは非常にコスパが良い商品であると感じられた人も多いでしょう。
オリゴのおかげのコスパは1日わずか16円です。大切な赤ちゃんの腸内環境を整え、さらに骨を作るカルシウムの吸収を良くするために毎日飲むにも、このお値段なら無理なく続けられそうですね。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

安く購入するには?

 

オリゴのおかげは他のオリゴ糖商品と比較してもだんぜんお安い価格設定が人気です。でも、さらにお安くなる方法があるとしたら試してみたくありませんか?

 

面倒な方法や難しい手続きなども不要です。公式サイトから定期購入に申し込むだけです。1ヶ月ごとに届く定期コースでは60日分で1,662円(税込・送料込み)。3ヶ月分まとめて届く定期コースなら1ヶ月分1,358円(税込・送料込み)。3ヶ月分の定期コースにするだけで月に304円の節約ができちゃいます。
また、ずーっと33%OFFで購入できますので、安い商品を毎回探す必要もありません。

 

定期コースにありがちな「何ヶ月縛り」などもなくお休みや解約もいつでもOKなのも嬉しいですね。

 

価格だけじゃない公式サイトをおすすめする理由

 

オリゴのおかげにはシロップタイプと顆粒タイプがあります。この2つの差は状態だけでなく、オリゴ糖の純度の違いもあるのです。

 

シロップは砂糖の代わりに使う人用に糖分が多く含まれているもの。その分、オリゴ糖の割合が低くなってしまっているので赤ちゃんの便秘の解消には不向きです。

 

そして、この顆粒タイプのオリゴのおかげはスーパーやドラッグストアでは購入することが出来ないネット限定商品なのです。

 

オリゴのおかげのシロップタイプを食べて「効果がイマイチ」と感じた人も、この顆粒タイプなら効果を感じることが出来るかも知れません。

 

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

まとめ

 

オリゴのおかげ(顆粒)がコスパも良く、純度の高いオリゴ糖商品だということを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
「市販のオリゴ糖商品には添加物が多く赤ちゃんに与えるにはちょっと心配」
そんな人にも自信を持っておすすめできる商品です。

 

本文ではご紹介しませんでしたが、オリゴのおかげにはインフルエンザウィルスの感染予防にも効果があるという発表もされています。赤ちゃんだけでなく、パパやママ、おじいちゃんおばあちゃんと、家族みんなで使ってみてはいかがでしょうか?

 

天然由来成分で、添加物なしの安心なオリゴのおかげで、赤ちゃんのお腹もスッキリ!
家族全員健康な生活をお過ごしください。

赤ちゃん,便秘,解消,オリゴのおかげ

更新履歴